メニュー

アウトサイディング


起業なんてしてるとよく思うんですけどね。

自分のことを少数派とか無頼派とか、もっと言えば「自分は世界に受け入れられていない」みたいな、完全な中二病みたいな感情に端を発して、それをエネルギーに変える

みたいなことってよくあって、それはそれでいいんですけど、

「見返してやるぞ」のモチベーションでやってきた人間が、実際に見返せるに至った時、どのように心をマネージメントしていくか

ということを最近非常に考えます。

確かに、持たざる者が一矢報いるためには、ネガティヴな感情「怒り」とか「悔しい」とか「裏切られた(被害妄想を多分に孕んでることも多いが)」とか、そういったものを糧にして、燃料にしていく必要があるという考えは変わらないんですけど、

初動のモチベーションとなるそういった感情の矛先を第2フェーズに移行した後、どう処理すればいいのかが本当に分からない。笑い話にすればいいのか、黒歴史と蓋をすればいいのか(ただ、初動で使った燃えカスをなかったことにはやっぱり出来ないんですよね)。

アウトサイディングには、こういったリスクがあることを覚悟した方が良い。

一般ウケする中でコンサバティブになっていくアウトサイダーの葛藤、アウトサイダーとして世に出た人間の背負うべき業
↑もう、これ自体が中二病なんですけどね(笑)

でんぱ組を聞いててすごい思いました。

サイボウズって、オーディオの会社?


お姉ちゃんに、サイボウズさんとのプレスリリースの話をしたらこう返事がきました。

—————————

サイボウスってオーディオの?お姉ちゃんはよくわからないけど、大丈夫?変な事件や事故に巻きこれていない?気をつけてね。暑いからご飯をよく食べて夏バテしないようにしてね。お盆休みとか群馬帰る?(全文ママ)

—————————

いいですか?本当によく聞いて下さいね。特に、いわゆる世の中のIT系だのスタートアップだの、自分が世界の中心にいるような感覚をお持ちの意識の高い皆さん、本当にこういうことですからね。笑い話でも何でもないですからね。

全っく興味ない。サイボウズもスピーカーのBOSEも、違いはないんです。世の中のほとんどの人は。

別にウチのお姉ちゃんが特殊なわけじゃない。むしろ、これが圧倒的なスタンダード。

常にこの事実を念頭に入れておくように。

Innovation Just

自分たちが使えるから何とも思わないだけで、世の中のほとんどの人はITなんて知ったこっちゃない。その原理原則をサービスに体現しているかどうか。これは本当に別れ道だと思う。

IT、IT言うけど、やればやるほど、リアルビジネスを持つことの強さ、逆に言えば、それがないことの脆弱さに気付く。

ベンチャー起業をする人なんてのは、大概、意識高い系の肩を持つ。自分もやっぱり意識が高いから。ただ僕は、敢えてマイルドヤンキーの肩を持つベンチャーIT起業家を標榜する。

アプリだのwebだの、ITにいつまでもしがみついている様もよっぽど変化に対応出来ていない。

変にITに盲信せず、広い視点で然るべき打ち手を打てる起業家は強いよと、むしろ、そうじゃなきゃ勝てない。

ITとかイノベーションとかエンジニアリングとか、誰もみたことのない新サービスとか、オンリーワンビジネスとか、そういうのにこだわり過ぎていた。

IT企業と言われない企業体質を。

静かな革命とうるさい革命の差


三宅候補者と横粂候補者の順位や得票を見て、「えっ」って一瞬思いました。

選挙フェスという、大掛かりな仕掛けをしていた三宅さんより票取ってるってすごくねぇ?

ただ、横粂さんは選挙ポスターの中で「議員報酬ゼロ」という公約を掲げており、まぁ、ある意味ぶっこんできてるわけだから、それを加味すると、全然有り得る結果ですよねと。

「カードを2枚伏せてターンエンド」状態


これから起きるお祭りをまだ、自分にしか知らないという状態。つまり、ものっすっごいワクワクした状態。

結果が出たものしか評価しないというスタンスの人たちは、結果が出を出したら評価する。そんなの当たり前。異論はない。それでいこう。ただ、結果を出してから評価する人間をどう評価するかは、結果を出した人間の特権。

この伏せカードの存在に足元をすくわれないように注意した方がいい

政治家や稼いでそうな芸能人がたまにする庶民派アピールについて。


参院選が盛り上がってきましたね?(実際は意外と盛り上がってないみたいなんですけど、便宜上、そういうテイで!)

選挙になると必ず、庶民派をアピールする人って多いじゃないですか。「私は皆さんと同じ普通の人です」みたいな。

たた、どう考えても貰うお金は庶民の量ではないわけですね。そこに大きな違和感があると思ってます。

だったら、そこはもうなぁなぁにしないで、「確かに、貰うお金は多いかもしれないです。そういう意味で、私は皆さんとは違います。なぜなら、皆さん全体のことを考えなくちゃいけない人間が、凡庸な人間、凡庸な努力で、凡庸な能力で務まりますか?その代わり、必ず皆さんの生活を良くします。ダメだったら叩かれる覚悟はあります。しがみつく気もありません。私が本当に凡庸な人間ではないのか、皆さんをリードしていくに足る人間なのかどうかを決めるのは、今回もこれからも皆さんです。誰が上とか下とかではない。だからこそ、自分の保身ではなく、チャレンジングな政治を心がけます。心がけなくちゃ」くらい言って、自信満々に出馬したらいいのにな。

実行していない人が、他人の耳障りのいい話を聞いて、喉元熱くして、やった気になってその考え方や生き方を他人に説教する。

ページ上部へ戻る