メニュー

ゲーム開発はもはやコミュ力


ITに造詣の浅い層に自分のやっている事業の話をする際、最近ゲームをリリースしたと返答した時の攻撃力・突破力が半端ない。一発で相手の懐に入る。

本来内向きであるはずのゲームが、開発サイドに回った途端にデジタルデバイドお構い無しの最強のコミュ力になるという、それが今の時代なんだなと強く実感しますね。

ゲームはもはや娯楽で終わるレベルではない。ゲームこそが一般ユーザーとテクノロジーを交えた対話をする際の最良の手法。

もっと外へ外へ。ゲームで遊んで怒られる時代からゲームを作って褒められる時代へ。

それらを踏まえて、「ザンギリ頭を叩いてみれば文明開化の音がする」みたいなうまいことをいつでも言える準備をしておこうと決意しました。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.08.30

    コネ批判

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る