メニュー

インターネットを使って何かを販売するってのが一番健康な気がする(物販)。


メディアとか広告とかってベンチャーがゼロイチでやる初期事業としてはけっこうキツイなと。

ヤフオクでもデータ入力などの代行業でも何でもいいから売上を立てる努力をしている人は健康な気がします。

僕はプロダクト開発を最優先しましたね。だから、キャッシュフローはけっこうキツかったと思います。

ちょっと自分のやり方は異常過ぎたのかも。

 

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.12.30

    花街攻め
  2. 2015.04.14

    悩みの質

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る