メニュー

ユーザーに戦略や企画意図が透けてしまうのはプロモーション的失敗と知りながら、なぜついついそれを語りたくなるのだろう。


まだ自分にしか見えない、知り得ない、でも誰かに凄いって言われたいジレンマの中、ついついその溝を口で埋めたくなってしまう承認欲求でしかない。その悪癖は直さないといけない。

イズムとスピリッツはプロダクトで主張する。それのみが起業家に許されたコミュニケーションです。

このストイックさ大事にしていこう。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2016.02.04

    肉欲棒太郎

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る