メニュー

打てば響く太鼓


Aという質問をした時、大体返答のパターンはBかCかDくらいしかない。

焼き肉は好きか?と聞かれたら「はい」か「いいえ」。

これをきちんとした声量、言葉遣い、間でBなりCなりDで返答してくれると会話が心地よい。打てば響く太鼓のようなテンポを刻むことが出来る。

奇をてらったEを返そうと思って、あるいは検討違いなZを返すことが一番よくない。

その一方で、言葉で置き換えられる出来事と出来事の間には、わざわざ触れる必要もない悲喜こもごもがある。でも書いた通り、先回りして指摘する力、拾う力は人と対話する上においては非常に効果的。1を聞き10を返すことが出来る人。

二つは非なる要素だが、決して矛盾しているとは思わない。絶妙なバランス。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る