メニュー

潰れるってことが100%ありえない会社を作ろう。


よっぽどのことがない限り環境が変わらない環境を作ってから起業する。

初期段階で人を入れる、外部資本を入れる、戦略を立てずに勝負する、それらを全て排除する。

具体的な考え方としては自分自身の深みに潜っていきながら孤独と向き合える人間の方が強い。その過程をすっ飛ばして「仲間が」とか絶対に言わなかった。100回やっていいとこ3回くらいかな、打率の話で書いた通り。

道半ばで倒れることが最大の罪。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る