メニュー

起業家が哲学者になり下がる時


起業家って、成果が出なくてすがるものがないあまり、一時期哲学者に成り下がるみたいな時期がある。何の生産性もない不毛な時期。

下手したら意識高いだけの承認欲求が強いだけの奴に見えてしまう。

でも、それは仕方がない。

意識高いと言われようとも、ビジョンを示して自社の優位性をアピールしていくということは起業家として当然やるべきこと。

その一方、意識高いことが特殊なことは自覚した方がいい。誰彼、その温度感で人生を送っているわけではない。そっちの方が圧倒的に少数派。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る