メニュー

やりたい「何」が分からない時、そんな時は「誰」を目掛けて行動してみる。


成功するのに最も手っ取り早いのが、わざとピンチを作る。ピンチを取りに行く。で、やりたいことが分からない時は、とりあえず自分が耐えうるギリギリのピンチに追い込んでみると書きましたが、違うアプローチにはなりますが、これもありだなと。

そもそも十代とか二十歳そこそこで「何」がある人の方が圧倒的少数で、ほとんどの人はそういうモラトリアムを経験して、何者かになっていくことが多い。やりたい何かを探している時間が勿体無いから、その間でもとりあえず人に出会っておく。とりあえず人ごみの中に自分を放り込んでみる。

その経験はきっといつか役に立つ。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る