メニュー

アーカイブ: 2015年6月22日

イノベーションの行く手を阻む存在。


事業の話すると、20人に1人くらいは「そういうの見たことある」とか「僕もそれ考えてたんですよー」って言う人がいる。

いや、もちろん、本人たちに悪気があって言ってるわけじゃなくて、ただ直感的に、本当にそう思っただけなのは分かるんですけどね。

いずれにせよ、そのレベルならまったく問題ない。明確に、どこで見て、どういうサービスで、そのサービス名を認知してない時点で、それは市場に浸透してない。全然勝負出来る。

 

ページ上部へ戻る