メニュー

不確実性との戦い・大人編


自分の十代や二十代で起こるほとんど全ての悩みや苦しみの根源はこの不確実性だったと、不確実性との戦いの中で書きました。これが思春期の正体とも。

それでは、いつまでその不確実性に苦しめられるのか。

僕は、大人になればなるほど不確実との戦いは減っていくと思います。それは単純に成長というポジティブな面以上に、人生が徐々に確定へと向けて動いていくから。自分の限界や社会との関わり、理想と現実を知る。そう、大人の人生は決して不確実なものではない。

少し寂しい気はしますね。

不確実との戦いに悩めるのは若者の特権…

なんて、

変に物分りがいい振りをしてカッコつけるより、思春期を過ぎても少しだけ、不確実なものと向き合ってみた方がいい。愚かであってもいい。挑戦した方がいい。果てしない、闇の向こうに手を伸ばそう by ミスチル

十代は迷う。大いに。

ただ、大人も迷う。少しだけ。

それが遊び心やで。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る