メニュー

T野との思い出


高野クンとの思い出ですか?

そうですね。まだ僕が二十歳の頃、バイト先のメンバー11人でディズニーランドに行った時のことなんですけどね。

アトラクションって基本的に2人一組じゃないですか。だから、順番にソロ乗車をする人を決めようってことになったわけです。男が一人余っちゃうので。

彼にソロ乗車の順番が回ってきたのはホーンテッドマンションでした。

僕らは各自ペアを組み、彼は一番最後、そして、僕らはその一個前に乗車しました。

でね、ホーンテッドマンション乗ったことある人は分かると思うんですけど、あれ、開始30秒くらいで座席がクルっと一回転するんです。

「何この演出、面白い!」と思って、きゃっきゃ言いながら椅子の回転を楽しもうとした眼前に、すっごい不安気な高野クンと目が合ったんですよ。もう、ゲロ吐きそうな顔してたのが暗闇でも分かるくらいです。

ちょっと待てと。

この感じで行くと、アイツ10秒後、自分の後ろにいるアベックとご対面することなるやん!ゲロ吐きそうな顔して。

それ、二人からしたら本当のホラーだろと(笑)

頭の良い彼は、今自分が置かれている状況を瞬時に理解したんでしょうね。先読みしてゲロ吐きそうになったわけです。将棋の羽生名人くらいです。

案の定、後ろの方からアトラクションの怖さとは異なる悲鳴が聞こえて来ました。

そんな彼も起業しました。IT分野、同業種で。

同じ方向を走っていれば、いつか必ず相見える日が来ると信じてます。だから敢えて個人的に連絡することはしません。

ただ、一つどうしても言いたいのが、彼のブログなどを見ていると、主体性だとか集大成だとか、今でこそ意識高い系の発言を繰り返していますけど、俺からしたら好きな子とディズニーランド行くためにバイト代つぎ込んで全身バーバリーの洋服着てくるただの乙女系男子です。

リスペクトしてるのでこういうこと書いてるだけです。決してdisってるわけではありませんからね。

外に出るきっかけをくれた二人

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る