メニュー

スタートアップにおけるエンジニア不足の解決策


①自分で勉強する

②仲間にする

③(とりあえず)外注に出す

④エンジニアリング(これはエンジニアリングに限らず足りてないスキル全般)を必要としない事業をやる

この四択のどれか、あるいは合わせ技か(「教わる」とかは①と②と③を色々足した感じですかね)。

でもまぁ、これはガッツリ意見が分かれることでしょう。当然、エンジニアからすればエンジニアは絶対必要と主張するでしょうし。

僕個人(実際に経営をしている立場として)の考えとしては、ITとかイノベーションとかエンジニアリングとか、誰もみたことのない新サービスとか、オンリーワンビジネスとか、そういうのにこだわり過ぎていた。ということでないのなら(こだわらないのなら)、起業に必ずしもエンジニアリングが求められるわけではないです。

むしろ、最初はIT企業と言われない企業体質を。構築し、ヒューマンイノベーションからのイノベーションという流れ。を作っていくのが本当に賢い気がします。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2016.02.04

    肉欲棒太郎
  2. 2015.06.14

    脱アプリの道

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る