メニュー

危機的状況を創造力で打開していくという企業風土。これを養っただけでめっけもん。


企業文化の構築に時間をかけたと思えばこの2年は決して無駄ではない。

むしろ、そういうの後回しにして立ち上げて、それと引き換えに300万円8%とかで出資を受けなくて良かった。本当に良かった。それに関しては、多分、僕がVCウケが悪かったからだと考察している。

スタートアップ量産による負の遺産を背負っている人、消えた人を何人か知っている。あの人は今状態。変なところで金を持ってたら、自分もそうなってた。すぐ溶かしてたと思う。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る