メニュー

アーカイブ: 2015年9月30日

守りの経済


今の時代は、新しく何かを手に入れようというモチベーションが低く、また、その幸福度も低いから、既に持ってる物、ある物を守ろうとするサービスが手堅いのかもしれませんね。シェアリングエコノミーとかまさに。

あるいは、ヘルスケアやファイナンス、警備なんかも守りですもんね。

思い付かないことではなく、思い付いてもやらないことをやる。気付いてたけどやらなかったよね、見て見ぬフリしてたよね。


言い換えるなら、「それ、◯◯がやる意味あるの?」(◯◯には大企業名が)をやる。

大手やその他IT屋が表立って作らないサービス、狙わないマーケットを徹底的に攻める。ドメスティックでいて、でも市場規模がある。

イノベーションの行く手を阻む存在。の方たちのためにもう一度言います。思い付かないことではなく、思い付いてもやらないことをやる。だから、今までに見たことがあるとかないとか関係ない。

実際、誰も思いつかないことをベンチャーがやるってのは難しい。そもそも、誰も思い付かないことなんてそうそうないわけですし、また、現時点では本当に競合が一つもなくてもすぐに出てくる。わらわらと。それに加えて、こっちは調達をしない、自己資本でやるというポリシーを持っているというある種の縛りがある中、モタモタしていたら、あっちは調達をした上で攻めてくるわけです。あるいは潤沢な大企業の資本を駆使して。そんなことされた日には、すぐに誰も思い付くプロダクト、何の面白みも旨味もない市場になってしまう。

ITとかイノベーションとかエンジニアリングとか、誰もみたことのない新サービスとか、オンリーワンビジネスとか、そういうのにこだわり過ぎていた。という闇から抜け出せない。

それらリスクと戦っていく中で、競合が思い付いてもすぐに出来ない何かがあるという活路は、かなり多くのハンデを帳消しにしてくれる戦略だと考えます。この上にいくら小難しい戦略を載せたとしても、これこそが、僕が終始一貫して貫いたもの。シンプルだけどInnovation Justを実現する上で最上の考え方だと思ってる。

その最たる例が、ヒューマンイノベーションからのイノベーションという流れ。だと思う。

ページ上部へ戻る