メニュー

価格差を利用する


Innovation Justという考えを持つに至った経緯として、

ある場所では値段が高いがある場所では安いという価格差、これをうまく使うみたいな話があります。なるほどなと。

同じように、ある場所では当たり前にあるはずのものが、ある場所では整備されていないみたいな状況もありうるわけです。

そして、自分のそれまでの仕事の経験上、その「ある場所」というのはけっこうな人間が集まっていて、お金もよく動いてそうな場所にいることが多かったわけです。

これを利用出来るんじゃないかと。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.09.28

    起業家と露出

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る