メニュー

大きな勘違いをしておりました。出資を受けないという判断は全然あり。出資を受けるという特殊な行為に踊らされない方がいい。


投資だ何だと言っても結局、筋肉質な定期収入を作れなければキツい。まずは粘って、調達するならそれなりのバリエーションにしてからの方が良い。

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが、ただ、そう勘違いさせる要素は多分にあると思うのも事実。華やかな所に光を当て過ぎ。スタートアップに非ず。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る