メニュー

本ブログでもごくごくたまにありますし、ついついやってしまいがちですが、人の意見や主張に異論反論投げかけるのを契機として自分の主張を展開するというのはあまり生産能力が高いとは言えない気がします。


生産的でないが故に反感を買い、議論を生む。そして、議論に発展することで、そこから憎しみや争いが生まれるという負のスパイラル(もちろん、生産的な議論であれば有益ですが)。

強いメンタルがあれば、そのスパイラルを自分の所で止めることが出来る。異論反論を唱えられてもシャットアウト出来る心のマネージメントは、発信する人が常に心がけておいた方がいい資質だと感じます。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.07.05

    意識修羅

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る