メニュー

チャレンジャーの焦り。


3年のタイムラグにも書きましたが、常に焦っているという感覚があって、計画やスケジュール、目標やKPIを立てると思いますが、仮にそれが着実に進歩していたとしても、果たしてこの進歩状況で本当にいいのかと。もっとやれるんじゃないのかという強迫観念。

あなたが言う「努力」が、果たしてスパイク3足履き潰すレベルのことなのか。それとも西門のように、支給された1足目をまだ履いてる程度のものなかのか。

計画自体の妥当性を疑ってしまう時がありますよ。

 

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る