メニュー

ベンチャー応援します!系のプレイヤー増えたましたね。明らかに受給バランスか成立してない気が(笑)そんなに支援する起業家がいるのでしょうか?また、起業家もそんなに支援されたいんでしょうか?


ベンチャー支援と言いつつ、その裏でベンチャー喰ってやろうみたいな白々しさを感じることが多い。思いに共感という嘘っぱち

世の中には、人の手柄を何でも自分に置き換えてシェアする人というのがいます。自分で特に何もしないのに、メンターというよく分からないポジションに座して、手柄だけ取ってくみたいな。

「あいつは俺が育てた」「あいつは俺の舎弟だ」みたいな。

いや、そこ、お前の出番じゃないから。マジ黙れ。はたから見ててそう思う。

そこまで図々しくなくとも、記事に対して関係者の如く振る舞いたがる人っているでしょう。何かにつけ、自分との関係性を探して語ろうとする人。

そんな存在になりたいですか?そんな存在、必要ですか?

まったく目指すべきじゃないし、まったく不要です。

「凄い」人の「凄い」ところを、さも自分が「凄い」かの如く言い始めたら、その人間はプレイヤーとしてもう終わり。

大体、起業家本人の心が弱すぎるぜ。自分のメンタルコントロールをなぜ、他人に頼らなきゃいけないかが全く理解出来ない。

プロダクトに対する客観的な評価が欲しいならユーザーに聞けばいい。人を紹介して欲しいなら片っぱしから人を辿っていけばいい。

それで紹介されないようなら、自分がまだその位置に至っていないだけ。結果を出して、道を繋いでもらえるように頑張るしかない。

起業家に対してちょっと過保護やって。そんなんだから、メンターとかよく分からない老害に養分を与えてしまう。

自分で自分を褒めてあげたい

褒めてあげよう。もうちょっと自分で頑張ろう。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.05.18

    to Bとto C

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る