メニュー

変にITに盲信せず、広い視点で然るべき打ち手を打てる起業家は強いよと、むしろ、そうじゃなきゃ勝てない。


この、「勝てない」って感覚が大事で、確かに、ITってのは立ち上げ期に関して言えば限りなく大負けしない分野(エクイティで揉めたりはIT云々じゃなく、ファイナンス的なことなので除外)。

ただ、「負けない」ってことにあまり意味はない。もう、勝たなきゃ。勝つためにITを捨てる、イノベーションを捨てるって選択肢は全然ありだと思う。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2017.02.19

    連環の計
  2. 2015.06.14

    脱アプリの道

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る