メニュー

極端な話だが、儲かる商売と強いプラットホーム、どっちを先に取りに行くか。


熱狂させるプロダクトを作るか、面白みがなくとも安定的な収益が見込める事業を作るか。で、その両方を同時進行で進めていくことが望ましいとか言っちゃってて恐縮ですが、恐らく、両方一緒といのは成立しない。どちらかが先行する、時間差が生じる。

多くの起業家はプラットホームを取りに行くことしか目に入ってないかもしれないけど、起業家は少し商売をした方がいいのかもしれない。そう思うようになってきた。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.04.14

    悩みの質

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る