メニュー

ワンピースの功罪


「何かやる時はチームでやらなきゃダメ」みたいな展開を作ったことだと思います。二言目には、「チームが、仲間が」

そういう考え方は、スキルをどっかから見つけてくればいいという発想を与えてしまう。こんな問題を生み出してしまう。インターンに給料払ってなかったシリコンバレーの大手VCについて、

簡単な図式で説明すると、

自分→行動する

自分→仲間を集める→行動する

って形で、行動するまでの間にそうそう簡単ではないアクションを挟まないといけない。当然、チーム制の方が一歩目を踏み出すのに大きな障害になると僕は思うんですよね。だから、起業(もしかしたら起業以外の多くのこと)は一人で始める方がいいと考える。

もちろん、そのワンアクションを乗り越えてきたからこそ、チームを組成した方が評価高くする、というのも分かるけど、始めることが重要なわけですから、そこ(仲間を集める)に価値を高くされてしまうと、行動する前に余計なタスクを作らせることを脅迫し、そもそも行動出来なくしてしまうのではないか。

そういう面では、名作野球漫画「メジャー」の主人公、茂野吾郎のストイックさと(孤独に対する)哲学めっちゃ共感出来るわー

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2016.02.04

    肉欲棒太郎

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る