メニュー

アーカイブ: 2016年2月23日

自分の言葉を持つ。


自分の言葉で自分の心を的確に捉えられるから、科学的にチャレンジをすることが出来る。

科学的にチャレンジとは、突発的・衝動的なものではない、チャレンジする姿勢を人為的にコントロール出来る状態。

チャレンジャーは、怒りや悲しみ、挫折、そういった負の感情、エモーショナルな判断材料によって進退が決まることが多い。そこで、その心をロジカルに捉えることで、分析し、回避し、折り合いをつけることが出来る。

その時、自分を守るものは自分の言葉で語るということ。ポエム野郎と言われようと自分語りと呼ばれようとそれでいい。

ページ上部へ戻る