メニュー

「カードを2枚伏せてターンエンド」状態


これから起きるお祭りをまだ、自分にしか知らないという状態。つまり、ものっすっごいワクワクした状態。

結果が出たものしか評価しないというスタンスの人たちは、結果が出を出したら評価する。そんなの当たり前。異論はない。それでいこう。ただ、結果を出してから評価する人間をどう評価するかは、結果を出した人間の特権。

この伏せカードの存在に足元をすくわれないように注意した方がいい

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る