メニュー

起業家支援だサポートだ言ってても、結局自分がルフィになりたい人が多い。


ルフィポジションは譲らないけど、具体的に何が出来るかよく分からない人。組織作りを叫ぶ人ってそんなイメージ。サポーターならサポーターに徹して、変な野心を出してくんなと。サポーターの振りして実は野心家とか、笑えない。

「プレイヤーたれ」ってことなんですよ。「当事者であれ」って。

「凄い」人の「凄い」ところを、さも自分が「凄い」かの如く言い始めたら、その人間はプレイヤーとしてもう終わり。

ベンチャー応援します!系のプレイヤー増えたましたね。明らかに受給バランスか成立してない気が(笑)そんなに支援する起業家がいるのでしょうか?また、起業家もそんなに支援されたいんでしょうか?

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2016.10.26

    自信が担保

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る