メニュー

コンサルおじさん


自称コンサルタントが起業家っぽくふるまって、SNSで吹いているシーンをよく見ます。「自分が何者で、どんなビジネスをしてます」みたいなことを文章で書く起業家? 敢えて「?」をつけたけど、それはもう起業家ではないよね。ただのコンサルおじさん。

冷静に考えてコンサルタントの営業って不思議なわけですよ。僕たちなら「こんなサービス作ったので使って下さい」なんですけど、「手伝わせて下さい」とそっちから打診してくるのに金はきっちり取るみたいな。破綻してない?そのビジネスモデル。自分が凄い人だと言い続けなければ事業が成立しない矛盾。

コンサルタントってのは自分で営業してはコンサルタントとして成立しないんじゃないの?それは多分、SEO会社がテレアポしちゃうくらいの矛盾がある。

実際、そういう人たちの投稿見てると、やたらニュースをシェアしたり、やたらと意識の高い精神論やポエム的なことばっかり呟いてる。 要は、何をやってるか、どうやって生計を立てているのか分からない。何となく、「こんさるたんと」という都合の良いポジションにあぐらをかき、コンサルフィーを掠め取っている。

いやいや、作れよ。サービス。プロダクト。 誰にでも分かる成果物、実勢や実態がないから、それがコンプレックスになってついついSNSに投稿するんだろうから、作らないことは不健康だって。

はっきり言います。僕はコンサルだのメンターだのが大っ嫌いです。そんなポジション、全く不要。ネットワークビジネスの人たちと大して変わらない。

ベンチャー応援します!系のプレイヤー増えたましたね。明らかに受給バランスか成立してない気が(笑)そんなに支援する起業家がいるのでしょうか?また、起業家もそんなに支援されたいんでしょうか?

だって、そういう、ある意味処世術に長けた、世渡り上手な口八丁の輩に限って、やれ登壇がとか、審査員がとか、テレビに出たとか、そうやってちやほやされていく。 そういうのが堂々と起業家ですと、もてはやされてる中、黙々とコードを書き、黙々とサービスを作り、受託で何とか回してる人たち(いや、むしろ俺)の評価は遠い。

そういう中で粛々と、クズでもゴミでもの精神でやってると、泣きそうになる。悔しいぜ、

でも、そんなのは今のうちだけですよ。こっちはちゃんと実績を作って、実力を付けて、ひっくり返せないところまで黙々(いや、もう黙々出来ないや)と進んでいきますからね。

と、ここまではただの「嫉妬」に近い。逆恨み。むかつくけどしゃあない。

ただ、これだけは本気でやめて頂きたい。

言うに事欠いて、技術的な話をさもそれが一次情報かの如くのたまい、その実、何のことはなく、どっかのブログの引用という。その結果、この技術に未来はない、みたいなことを言いやがる。これは甚だ迷惑。

言っておきますが、テックの一次情報はその看板を掲げている開発会社にしか来ないですからね。

それぞれのプレイヤーの方たち各位が、テックで出し抜きたい、マウントを取りたいと思ってる。テックが注目されている。

 

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.09.09

    Innovation Just

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る