メニュー

何も決まってないけど起業します宣言からのサラリーマン批判→炎上


起業そのものが目的になること自体はアリだし、僕だってそうだったかもしれない。

ただ、それをブログとかで宣言するかどうかの問題は切り離して考えるべきじゃないかなと。

普通、コンプレックスな部分になるので、言えない。少なくとも、言って得することじゃないと思うんですよね。

ましてや若干「ドヤ」投稿なわけじゃないですか。

「俺、こんなスタンスだぜ」

ほいで?以外ない。

それって、単に悪目立ちを狙った炎上一発屋臭が出ちゃいますね。

炎上商売をやってる方って、要は悪目立ちしてるだけですよね。子供の頃、そういうのと縁遠かった人たちなんだろうなと思いました。そういう人たちを遠くから見てて、でも自分はあんまり目立たないタイプ。

ビジネスとか起業って、別に存在感勝負じゃない。一発屋のネタ芸人目指してるわけじゃないので、SNSウケやブログウケを狙う必要は一切ない。

実際、ブログが(変な)バズり方をしているやつに限って、大したサービス作ってない。

僕は自分のとこでリリースしたサービスだけで、自分のサイズを主張する。ブログがバズったとか、メディアに出たとか、もう、ガチでそれじゃない。

申し訳ないし、考え方は人それぞれですが、まぁ、ダサい。起業家ならサービスで語れよ。むしろ語るなよ。サービス出せよ。

イズムとスピリッツはプロダクトで主張する。それのみが起業家に許されたコミュニケーションです。

それが簡単に出来ないから辛いんすよ。

過小評価

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2017.02.19

    連環の計

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る