メニュー

バカにされた時、燃やした炎とその燃えカスをどう処理するべきなのか


バカにされようみたいな記事がバズってまして、

バカにされるエネルギーは先見性をはるかに超えるという件について
http://d.hatena.ne.jp/ankeiy+news/20170113/1484283912

それ自体は大賛成なのですが、一定の評価が出始めた頃、バカにした人とどう向き合うか、どう接するか、その心の闇の処理の仕方までは書かれていないんですよね。

アウトサイディングのジレンマ

モンパチの「あなたに」という曲の中に、
「人に優しくされた時 自分の小ささを知りました」
とありますがこの感覚に近い。
ちなみに僕は、こう思うことなんかもう、200回くらいあります。

多分、その野心を殺せるのは唯一、愛だけだと思いますよ。
愛はそこまで強くない。ただ、この世で唯一、野心を殺せるのは愛だけだと思う。

バイタリティと野心はセット販売

その野心を燃料に今があるわけだから、過去にどのような人生を歩んでこようと、例えその栄光が誰かの犠牲の上にあることだったとしても、それはもう、正直にその通りでした、以外にない。

強さを前面に出しているわけだから、「気の」強さとか「押しの」強さとか、そっちにまで滲み出てしまうのは仕方のないこと。

バカにされる人生を歩むなら、そういったことも考えておいた方が良いなと思った次第です。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.04.06

    価値観の相違

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る