メニュー

要素技術への失望が起きる要因


BOTが作れて、
アプリが作れて、
webシステムが作れて、

「さぁ!じゃあどれにしましょ?」

って言える所、その取り揃えの豊富さが重要なのであって、別にBOTじゃなきゃいけないわけじゃない。iBeaconを使わなきゃいけないわけじゃない。AIがどうの、IoTがどうの、VR元年が…そういうのに振り回されない。

そこは勘違いしない方が良い。

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.04.14

    Boy meets Girl

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る