メニュー

連環の計


ベンチャーが取り得る唯一にして最大の戦略は、詰まる所、「連環の計」に行き着く。
※連環の計…策と策を組み合わせて大きな戦果を得る方法

それも、

1+1 featuringミラクル=100

ではなく、

1+1+1+1+1…=100

すごいこと、ありえないことに期待するのではなく、因数分解した時、一つ一つは至ってシンプルな「攻め手」を積み上げて積み上げて、大きな絵を描いていく。その通りに事を進めていく。
#至弱をもって至強にあたる

極端な話、その「1」を積み上げていけば、誰がどうやったって100になる。一騎当千の武将がいなくても神風が吹かなくとも「誰がどうやったって」一定の成果を収める、収めるようにしなくてはならない。それが戦略。

誤解されがちだが、起業家というのは一か八かみたいな博打打ちでも夢見るロマンチストでもなく、合理的で堅実な打ち筋を好む(少なくとも僕は)。

そうなると当然、基本的には忍耐と生産ですよ。凄い地味。

ただ、ごくたまに、50くらいの価値を持つ「1」が出現する。「圧倒的、閃き」というやつ(それを信じるロマンは持ち合わせている)。
これを拾えれば儲けものだし、そして、「1」を20にも50にもしてくれる人材を拾うことに今後は注力していきたい。
#唯才是挙

The following two tabs change content below.
鹿山瞬

鹿山瞬

代表取締役株式会社INJUS
スマホアプリの開発を軸に、名刺やホームページの制作・運用、記帳代行、その他下記自社サービスを展開する会社の創業者です。 ①G2Oマーケティング ②顔パス ③TAXi ④Connector カバー画像の「唯才是挙」とは、三国志の曹操から引用しています。

関連記事

  1. 2015.10.03

    販売代理

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る