「普通に◯◯」

何かを評価する際、「普通に◯◯」って表現を使うことがあると思います。いや、絶対にあるはずです。
その最たるシチュエーションが「手料理を振る舞われた時」でして、
食べ終わった後に「どうだった?」と 感想を聞かれるわけですよ。

まぁ、
「普通に美味しかった」と答えますよね。そんな悪意なく。

ところがですよ、

不機嫌になる方っていらっしゃるじゃないですか。むしろ、若干キレられることすらあるじゃないですか。

もうね、何なん?何を期待しとんねんと。

「犯罪的だっ…!うますぎるっ!このカレー、犯罪的にうますぎる」
とでも言えと。

確かに、カイジのこのシーンはめちゃくちゃ伝わる。このコメントしてもらえたらそれは嬉しいでしょうよ。この2ページに旨味の全てが凝縮されてるわけです。

ただ、原作者はあの福本さんですよ。
言葉遊びの天才ですからね。一つ一つの何気ない言葉が、キャッチフレーズ的な破壊力ある方ですからね。

もし仮に、このテンションを我々素人が真似すると大変なことになります。

「感謝っ…!圧倒的感謝っ…!」
→まぁ…まだ分かるよ。

「悪魔的!このシチューのうまさは悪魔的!」
→こぇーよ!ただのヤク中やん!

「狂気!狂喜乱舞!
卵に包まれたパラパラの米が胃の中で乱れ舞う!」
→多分、チャーハンか何かなんでしょうね。

「僥倖っ…!なんという僥倖っ…!この芋の煮っころがしはもはや殺人的なうまさ」
→ここまで来ると褒めるを通り越してバカにしてますからね。むしろ、通り越せてないですからね、バカにしてる具合が。

ということで、「普通に◯◯」は十分な褒め言葉なので、そこはきちんと市民権を与えてあげましょう。
そうじゃないと小洒落たレストランで ざわ ざわ することになりますからね。


この記事をシェアする

関連記事

  1. 2017.10.26

    独身貴族
  2. 2016.11.29

    言葉遊び
  3. 2017.09.26

    大阪出張
  4. 2017.10.26

    揚げ貴族
2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る