メニュー

投稿者: 鹿山瞬

「程よく」とか、言ってる場合じゃない。


行動したら野心が出ちゃう。野心家っぽさが漏れ出ちゃう。

行動しろって言ってる以上、行動させる方に重きを置いているのなら、この野心家っぽさが出ちゃうことは認めないと。そっちを許してもらわないと行動は出来ない。

それが多様性を認めるということなんだと思う。

イケイケなのか自重しろなのか。多分、ゼロイチはその両極端以外選択肢はない。

バカにされた時、燃やした炎とその燃えカスをどう処理するべきなのか


バカにされようみたいな記事がバズってまして、

バカにされるエネルギーは先見性をはるかに超えるという件について
http://d.hatena.ne.jp/ankeiy+news/20170113/1484283912

それ自体は大賛成なのですが、一定の評価が出始めた頃、バカにした人とどう向き合うか、どう接するか、その心の闇の処理の仕方までは書かれていないんですよね。

アウトサイディングのジレンマ

モンパチの「あなたに」という曲の中に、
「人に優しくされた時 自分の小ささを知りました」
とありますがこの感覚に近い。
ちなみに僕は、こう思うことなんかもう、200回くらいあります。

多分、その野心を殺せるのは唯一、愛だけだと思いますよ。
愛はそこまで強くない。ただ、この世で唯一、野心を殺せるのは愛だけだと思う。

バイタリティと野心はセット販売

その野心を燃料に今があるわけだから、過去にどのような人生を歩んでこようと、例えその栄光が誰かの犠牲の上にあることだったとしても、それはもう、正直にその通りでした、以外にない。

強さを前面に出しているわけだから、「気の」強さとか「押しの」強さとか、そっちにまで滲み出てしまうのは仕方のないこと。

バカにされる人生を歩むなら、そういったことも考えておいた方が良いなと思った次第です。

要素技術への失望が起きる要因


BOTが作れて、
アプリが作れて、
webシステムが作れて、

「さぁ!じゃあどれにしましょ?」

って言える所、その取り揃えの豊富さが重要なのであって、別にBOTじゃなきゃいけないわけじゃない。iBeaconを使わなきゃいけないわけじゃない。AIがどうの、IoTがどうの、VR元年が…そういうのに振り回されない。

そこは勘違いしない方が良い。

ニューカマーのジレンマ


流れ作業をやっているとします。
何でもいいんですけど、例えば台車を使って引越しの荷物運びを五人くらいでしているとしましょう。3往復目くらいまではそれぞれがそれぞれのやり方を試行錯誤して、効率化を図るわけです。

縦に積むより横に積んだ方がいい、台車は二人で持つより一人で持った方がいい、台車に乗せる荷物は敢えて5個までにしよう…などなど。そうやって、一つの型が出来上がる。最良な荷物運びの流れが出来たわけです。

ところが、
そこに来るわけですよ。ニューカマーが。

ニューカマーは我々が既に出し尽くして却下した案、施策をさもこれ見よがしにおっぱじめるわけです。
「このやり方の方が効率いいっしょ?」
みたいな感じで。

いやいやいや。それ、A君が一周目にやったわ。それはB君とC君が二週目に検証した結果、C君のやり方が採用されたからこうしてんの!

途中から来た分、変にテンションと勢いだけはあるから、そのやり方をしないとダメみたいな空気出してくるわけです。そんでしぶしぶニューカマーのやり方を3周くらいやるんですけど、やっぱり元のやり方の方がいい。効率的。
どのタイミングで戻そうみたいなことを葛藤しながら非効率なやり方を続ける理不尽さ、これをニューカマーのジレンマと名付けました。

そして、実はこれ、いわゆる「イノベーション」=スタートアップ界隈にも同じことが言えるんですね。

「これは凄い!天才的なアイディアを考えた!」→ググったら、お同じようなんがなんぼでも出てきた。

という流れ。

ジャンヌダルク症候群で書きましたが、実はそれほど困ってもいず、ボトルネックもおらず、現状維持でいいのに、いや、むしろ、過去にそういう営みや試行錯誤があったにも関わらず、その事実を知らずにやたら変えたい人。変えることが正義で、変えることが目的になっちゃっている人。いるんじゃないですか?

そんな人がいたら是非、ニューカマー扱いしてあげて下さい。イノベーターではなく、キミはただのニューカマーだと。

ルールを変える側に回りたい願望

ルールを変える側に回りたい願望


イノベーション起こそうぜ。新しい時代作ろうぜ。ルール変えちゃおうぜ。そういう風潮を感じます。

もちろん、それ自体は悪いことではないと思う反面、僕はけっこう、決められるルールの中で戦いたい。そして、その中で勝てると思ってる。それが、「当事者になる」ってことだと思っている。少なくとも、ルールを変える側に固執することはプレイヤーではない。

ルールを変える側になりたいのは分かるけど、それありきで行動するから結局何も積み上がらない。ここは一つ、ルールの中で戦って、そして勝とう。

ページ上部へ戻る